日がな一日華語音楽。つまみ聴いた華語歌曲を紹介しつつアレコレ語る気ままなブログ。コチラでもどうぞhttp://twitter.com/_yuru


by wang_yue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:演唱会 感想( 11 )

2008年の演唱会感想。

去年中国からアクセスできなかったため別ブログへ書いていた演唱会の感想記事を
いまさらですがコチラにもアップしました。よろしかったらどうぞ☆

2008/9/19 蘇打緑@上海体操中心
2008/10/18 王力宏 2009 Musicman@上海八万人体育場

また、サイト内を少しいじりました。
コンサートの感想がアーティスト別カテゴリに収めていたのを、全て「演唱会 感想」にまとめました。

   : : : :

他にも2008年は何度か上海へコンサート通いしてました☆ ところが…

2008/5/12に行くつもりだった阿信(元 信楽団)演唱会@上海大舞台は、
あろうことか偽チケットを掴まされて入場できませんでした…!!(号泣

2008/11/22に行われるはずだった飛輪海@上海虹口足球場も
チケット入手していたんですが、ジロちゃん負傷のため延期に…orz

そんななか忘れ難いのは、なんといっても2008/7/12の林憶蓮@上海大舞台です!!!

林憶蓮〈サンディ・ラム〉は、私が初めて好きになった中華pops女性歌手♪
My天后サンディの生歌を聞ける日が来ようとは〜(TT) 
しかも後半は懐かしい曲のオンパレード☆ もう感無量、鳥肌、流涙モノですべてが最高でした!!
あまり良い席ではなかったため撮影できず、ひたすら目に焼き付けました。
ああ〜、もう一度生歌聞いてゾクゾクしたい〜
[PR]
by wang_yue | 2009-07-30 21:44 | 演唱会 感想
この土日、上海に行ってきました。
飛輪海コンサート@上海。 …のチケット払い戻しに…orz

同学Sさんから教えてもらうまで、
メンバーの負傷によるコンサート延期のニュースを知らなかった私。
しかも4月って、もう日本に帰ってるっつーの。
事前に判明しただけでも良かったよ(-"-; 謝謝、Sさん!
[PR]
by wang_yue | 2008-11-23 21:07 | 演唱会 感想
中国でのコンサートは、日本よりチケット料金区分が多い。
今回の王力宏(ワン・リーホン)コンサの場合、最低額が160元=約2400円。
最高額の最前ブロック席が1500元=22500円

当然、私は庶民なので買えませんつーか、リーホンにそこまで出せん(爆

b0045483_2212266.jpg
b0045483_22121329.jpg
b0045483_22122271.jpg
リーホンといえば映画「色・戒 Last Coution」。というワケで、シーン画像も使われました☆

会場は上海市内にある上海八万人体育場。
その名の通り8万人収容できるらしい。
でもステージが見えない席は当然客を入れないので、実質6万人程度のキャパシティ。

昨年Jay(周杰倫)が同会場で行ったコンサが満席☆だったのに対して、
リーホンは7割といった感じ… アレ?
実は隣(の体育館)の浜崎歩コンサートで、なんと客が分散しちゃってた(^^;
しかも、チケット料金が最低300元〜最高2000元! 強気だな、オイ。

◎一口中国語メモ◎
浜崎/歩(はまざき/あゆみ)=滨(Bin)崎(Qi)步(Bu) びんちーぶー
一口中国語メモ 終わり。


んで、リーホンコンサ“MusicMan”の感想。
俺、こんなに楽器デキルんだぜ! って雰囲気いっぱい☆
まぁ、けっこう盛り上がったんじゃないかな?
満足度は前回「蘇打緑」の時のテンションと比べると一目瞭然(^^;
[PR]
by wang_yue | 2008-10-20 21:09 | 演唱会 感想
9月19日(金)19:45〜 蘇打緑 Live in 上海体操中心 を見に行きました。
b0045483_2214037.jpg

台湾じゃエライ人気、でも大陸での人気はそれほどでもないでしょ、と、
正直多少ナメてかかってました…

しかし。
青峯がピンクのツンツン頭で登場すると、悲鳴に近い歓声が… 
比較的おとなしい中国のコンサでコレは凄い!!!

うう、これほどまでに人気だったとは、私がバカでした…
Vocalの青峯さま、他メンバーの皆さま、
土下座してお詫び申し上げます。m(_ _)m
b0045483_2224952.jpg

唯一の女性メンバー・Bassの馨儀のオスマシさんなトコ、マジかわいかった!

キーボード&ヴァイオリン兼ダンサー(笑)阿龔もス・テ・キ!!!
音楽英才教育を受けてるから演奏は一流、
でも、はっちゃけて踊るキミの姿はまるでピエール瀧のようでしたよ。


で、で、今回言いたいのはね…

青峯ってば、なんですか!?コノヒト!!!
マジ惚れです!!!!
ヤバイ!まじヤバイっす!!!

あの声!!生歌がCDよりイイって何!?
今の録音技術じゃ、あの声はCDじゃ再現できないんですか!?

あの声量!!あの声質で小柄な身体で
そんなに声は出ないのでは?と思ってた私はホントにバカでした…

あのシャベリ!!CDジャケや宣材写真に騙されてたよ(笑
自分でも言ってたけど、しゃべるしゃべる、よくしゃべる(笑)
次回はMC(2時間)+歌(2時間)の2部構成ってどうかな?

そして何より衝撃的だったのは…
あのオネエキャラ!! 最高だよ、アンタ(笑)

b0045483_2244442.jpg ←MC中の阿龔と青峯。
粗画像でスイマセン

今回2GBを積んだカメラを持参、ムービー撮ったものの
途中でメモリより先に電池の方が息途絶えました…
フフフ…でもあのオネエなMCはしっかりPCに保存したぜ☆








もう、今回のLiveで蘇打緑にマジ惚れした!
一番スキ!と言っても過言ではない!!


    ☆ ☆ ☆

10月には日本ライブがあるそうです。
アナタも青峯の生歌オネエキャラをチェック!
[PR]
by wang_yue | 2008-09-20 20:54 | 演唱会 感想

Free9 OK Live @上海

今日のひとこと↓
「そろそろ春節前の買い置きをしないと… こちらは今が歳末です」

b0045483_2122015.jpgもう1週間経っちゃったんですが、1/26(土)の張震嶽率いるFree9とMC HotDogのライブ@上海、行ってきました。

普通の体育館(上海国際体操中心)でのLiveは始めてだったので、それもまた良し(^^)
こじんまりしている分、ステージが近い。でも音響が悪いのが欠点でした…残念…
内場はブロックに分かれての立ち見でした。

今回は阿嶽によると、上海での本格的な会場を使ったライブは初めて、との事。以前、新天地で行われたライブは今回のための布石だったのでしょう。

予定時間を少し遅れてライブ開演。前座?にDJ(これは良かった♪)と、1人でやたら盛り上がって歌う踊り子ねーちゃん、もう1人の踊り子さんの冷ややかなコト…(-"-;
どう対応してよいのか分からず呆然と見る観客(私)。


b0045483_21333578.jpg…とそんな場にやっとFree9登場♪ 深々と帽子をかぶって革ジャケット姿の阿嶽

しかーし。
私の席では、アップテンポな曲は伴奏に消されて阿嶽の声がよく聴こえない!
ようやく「OK」あたりで一息♪
全曲は知らない私でも「Free9のテーマ」や「我要銭」「愛的初体験」、
それにアルバム《OK》の曲なら分かるぞ〜(^^;


b0045483_2242567.jpgb0045483_2252055.jpg観察していくと、俯く/かがむ/後ろ向き/ぴょんぴょん飛び が彼の4大動作?
そして1曲終わるごとに「謝謝」。

うーん、恥ずかしがり屋なのかアガリ症なのか…?
大胆なコトする割に実はシャイ、両極端で不思議な人だなぁ。
今まで音楽でしか知らなかった張震嶽の一面をかいま見れた気がします。

ジャケットを脱いで阿嶽が白Tシャツ姿になると
隣席のニーちゃんが「思想万歳だ」とボソリ。
スクリーンを見るとTシャツの背中に
毛沢東ら共産主義者4人の横顔&“思想万歳”のプリントが…(^^;
なるほど、後ろ向きの時にこの背中プリントはなかなか効果的☆


b0045483_22174614.jpgb0045483_2222151.jpgMC HotDogの登場で会場はさらに盛り上がり「熱狗!」の声がかかります。
おおお、大陸でも結構人気じゃないの!(嬉
なんだかステージ上でとても大きく見えます、この人。

MC HotDogの出番になると、阿嶽はステージ後方をうろうろ/ステージ脇で棒立ち(笑
いやいや、一緒に唄ってちゃんと仕事はしてますよ?(^^;

ま、そんなこんなで「我愛台妹」になると、会場全体がハイテンション。
会場では兄ちゃんが上半身素っ裸になって踊り(^^;
ステージには赤いブラジャーが投げつけられる始末(笑
おおっ! こんな気の効くヤツもいるんだなぁ!


b0045483_22321763.jpg紙吹雪と共に「小星星」でエンディング。

アンコール(声が小さい、と阿嶽に嘆かれた(^^;)では、
キーボード担当クンの“ものまねコーナー(劉徳華の真似で阿嶽の歌を唄った(笑)”や「乾妹妹」などで〆。

中国というお国柄、阿嶽やMC HotDogのようなRapやHipHopのアーティストには、まだまだ観客が追いついていないのかな、というのが正直な感想。
一部ノリの良い観客もいるものの、恥ずかしさがあって充分ノリ切れていない感が否めない。
これは出演者側の先導によるところも大きいなぁ、と。この辺は少し研究が必要なのかなぁ?


ステージ上と観客の一体感あってのライブ。
さて、次は3月8日の阿信@上海大舞台だな! がんばって働くか!
[PR]
by wang_yue | 2008-02-02 12:19 | 演唱会 感想
今日のひとこと↓
「お待たせしました♪」


行ってきました「2007周杰倫 世界巡回演唱会 上海站」!

11月24日(土)、会場の上海八万人体育場を埋め尽くす人、人、人。
観衆・会場全体に満ちる雰囲気は、コンサートというより“お祭り会場”にいる、そんな感じ。
これだけの期待を決して裏切らない楽しい&驚きの演出、音楽、歌。
会場全体がJAYの音楽に浸り、歌い、大興奮する2時間半。
ライブでしか味わえないその感覚は、一度経験すると病みつきなのです♪
b0045483_10574995.jpg

今回は偶然日本から遊びに来ていた友人Tさんを誘っての二人行でした。
会場前で380元(看台)チケットを2枚670元で購入。偽物防止のためICカード付で、入口で確認された後カードは回収。
さらにチケットをバーコードで確認して入場です。

b0045483_10585190.jpg座席はステージ真横の1階席10列目。

げ、と思ったのもつかの間、中央舞台の両脇に赤幕が。
さらに舞台端にずいぶん近いし、スクリーンもしっかり見られる。
この辺ならかなり近くで見られるのでは!?

その予想どおり、今回の座席は満足度高でした♪

b0045483_10594339.jpg開演時間(7時半)を過ぎても観客は続々入場… Tさんが気にするなか、8時近くにいよいよ開演。

スタッフ紹介がスクリーンに映し出され、見ると「製作:巨炮娯楽製作有限公司」とある。巨炮@元南拳も会社作ってたんですね〜。

中央の幕が開くと、ロボット?の腕のような電飾が登場。おおお〜動く〜

そして中央スクリーンには、イメージビジュアルのロボットの顔が登場。

踊り子さん達が登場。…で、お待ちかね、JAYが登場!!

b0045483_1104663.jpgちょっぴりくるくるヘア&ウィッグ、後ろ羽(JJよりは控えめでした^^;)を付けた紫の衣装。
おおお〜、いいじゃあないですか〜〜




(以下、スクリーンの映像でお楽しみください)

b0045483_1142213.jpg音楽の風格に合わせて次々とステージとJAYが衣替えしていきます。

中央舞台には指揮者&ストリングス、上海ジャズバンド、2台のピアノやギター、ドラム、古琴(←)、両脇の赤幕ステージではバンド、メリーゴーランド、さらには妖しげな巨大&ピンクのハイヒール!が登場。
ここでも相変わらずJAYのピンク好きを確認(笑

b0045483_115070.jpg上海ジャズバンドをバックに懐メロ「夜上海」を歌うJAY(→)は、さながらムード歌謡歌手(笑)。でも似合ってる〜♪
(→のJAY、やっぱりお父上似…?)

ピアノ、ギター弾き語りのシーンでは、1曲ずつエピソードを交えての曲紹介。
自作詞曲でとても気に入っているという「最長的電影」はピアノで、ギターは陳奕迅へ提供した「淘汰」を披露。

ゲストは南拳媽媽と劉畊宏でした。宇豪@南拳媽媽とは短編ムービーと特製Rap♪、そしてピアノで交歓。
畊宏は期待を裏切らず、ご自慢の胸板を披露してくれましたー!
上着を着たままランニングシャツが脱げるとは。わはは、さすがだ。


さらにスクリーンでもびっくりゲスト♪
「聽媽媽的話」の歌に併せて2人の大物スターが… って、言わなくても誰だか分かりますね(^^)

b0045483_117729.jpg会場のスクリーンは一部歌詞字幕つき。思う存分歌えます。初心者Tさんもノリノリで熱唱〜(^^)v

花火が上がり、蛍光棒は流れ星のように会場内を舞い(=投げつける。ぶつけられて痛い)、最後の恒例?「雙節棍」でスッキリ!するまで、我々も蛍光棒を振り&投げ(笑)&唄いまくるのでありました!

そして会場を去る頃、Tさんもすっかり周杰倫迷に…♪

布教活動“円満成功”であります(^^)v

来年の武道館コンサが待ちきれず?日本のボードを持った熱心な日本歌迷の方も来ていたようです。
広い野外の上海体育場と、限られた空間&屋内の日本武道館では、演出もだいぶ変わってしまうだろうし、
やはりココ(か、地元・台北)で見とかないとねッ!って感じですね。

今回は女性に纏わりつかれる?とか、以前に比べアダルト?な雰囲気も漂い(^^;
この世界演唱会で各地を回っている間にJAYも30歳を迎えるんだろうなぁ、しみじみ。などと思う自分でありました。


最後に。
チケットには「蛍光棒を投げないでください」と注意書きがあるので、みなさんは武道館で蛍光棒投げちゃダメですよ。
そもそも当たると痛いし、円形の武道館で観客がいっせいにステージに投げつけた日にゃぁ、
集中攻撃されたJAYは歌うどころじゃありません(^^;

でも今回、JAYが“投げろ”と煽っていたことは明白です(笑

あーーー! 楽しかった!!!(^o^)

◎さらに色んな写真&記事が楽しめます→ 新浪網 特集ページ(簡体字)
[PR]
by wang_yue | 2007-11-26 11:27 | 演唱会 感想
今日のひとこと↓
「明星もりだくさん、眼福眼福♪」


こちら蘇州で今週(10/23〜28)、中国のアカデミー賞的映画祭「金鶏百花電影節」が開催されていました。
今日は表彰式、ってコトで中国映画界のスターが勢揃い♪
李連杰&李冰冰、陳坤、蘇有朋、劉若英、李亞鵬、張震&舒淇、劉嘉玲&梁朝偉…
次々とレッドカーペットを歩く明星をTV越しに見つつ
近いんだから見に行けばよかったか!?と少し後悔せんでもない私…(--;

…と、そんな蘇州にさらに明星が…♪
ってな訳で行ってきました10/26の「2007動感地帯蘇州演唱会」、場所は蘇州・体育中心体育場(三香路)。
b0045483_13334222.jpg

「動感地帯」とは、中国移動通信という携帯電話会社のブランドの1つらしい。
いわゆる“販売促進”コンサートで、今回のチケットは一般発売していません。
300元の充値(電話料金チャージ)で280元のチケットがGETできる、という仕組み。
イメージキャラクターをつとめるS.H.E、潘瑋柏、周杰倫が出演♪という1粒で3度楽しめるオイシイ企画なのですよ。

なので、最初からダフ屋目当て。直前に到着して280元のチケットを150元で入手。
前座が唄ってる間に会場内へ。席に着きたいものの、通路が人で塞がって進めん…

b0045483_13351463.jpg と言ってるうちにS.H.Eが出て来た♪
「求婚事務所」以来HEBEがお気に入り、やる気があるのかないのかよく分からんのもよい(笑
ELLAも相変わらずよく動く、しゃべる。 遠くてよく見えないのが残念…。
「美麗新世界」を唄ってくれたのが嬉しかったなぁ! ←以前コメントをくれた李天龍老師作品♪

←SuperStarを唄うS.H.E。ううう、遠くて豆粒…


b0045483_13363185.jpg Will(潘瑋柏)はサービス精神旺盛。端から端へ、少しでも観衆の近くへ、とステージぎりぎりまで前進…
するのはいいんだけど、過去(←ステージから落ちて骨折)を思うとハラハラして仕方ない〜(^^;

MyFavorite曲「壁虎慢歩」を唄うWill。そうそう、この踊り〜♪→


b0045483_13402269.jpg で、真打ちJAY(周杰倫)登場! ひときわ大きな歓声、やっぱり格が違うのか…!?
さすがに発売前の新譜「我很忙」の歌は唄わんか… これは来月の上海コンまでオアズケか…
そういえば日本にお住まいの方も、来年2月の武道館でJAYに会えますね(^^)

←「菊花台」を黄金の椅子?に座って唄うJAY。その姿、弥勒菩薩か大仏か…(-"-;





1アーティストでたっぷり楽しむのも良いけど、たまにはこんなイベントも面白いな、と思いつつ家路につく私でありました。
地元イベントはその日の内に家に帰れるのが良いね!(^^;


b0045483_1343562.jpg

[PR]
by wang_yue | 2007-10-28 13:45 | 演唱会 感想

林俊傑 2007上海演唱会

今日のひとこと↓
「寒くなってきました…」


宣誓どおり、10月14日(日)のJJ(林俊傑)コンサに行ってきました。
場所は前回行った陶吉吉〈デヴィッド・タオ〉コンサと同じ場所、
さらには昨年、JJの人生初コンサ会場となった思い出の地、上海虹口足球場です。
b0045483_17285476.jpg
手前右がチケット売り場。サミー(鄭秀文)コンサも発売中でした

私はといえば、当日昼に蘇州から上海入りし、人民広場&南京路でブラブラした後
(阿嶽《思念是一種病》と張敬軒《酷愛》を買った♪)
21路のバスで会場そばのホテルへ向かいました。

驚いたのは、見違えるくらい道がキレイになっていた事(笑
工事中でごったがえしていた3ヶ月前が嘘のよう…。
そーいえば、スペシャルオリンピックが終わったばかり。
アチコチには関連のオブジェや花も残ってました。

で、会場前の売り場でチケット購入。今回は看台(←→内場)で
ステージに一番近いブロック、380元にしてみました。
「どこでも席あるよ」って言われた…おいおい、人気ないのか!?(笑

ところで、チケットは120元(約2000円)から1580元(2万円強)まで様々。
最高額チケットなんて、蘇州の若いコの一ヶ月分の給料を超えてるし…(-"-;;
日本の感覚で云えば、15万円位のVIPシートってトコか??
開演してみれば、案の定最前列ブロックの約半分は空席… もったいない…!!

で、前節(蛍光棒踊りの指導:笑)とオープニングムービー
(千年後から2007年の上海へタイムスリップしてきたJJ、という設定)の後、
ご本人登場〜! 

JJは鎖に絡まれたり、ヒモでひっぱられたり、目隠し?されたり…(-"-;
アンコールには黒い大きな羽&旗飾りを付けて出てくるし〜!
往年の美空ひばりか宝塚か、ってな具合ですわ!(笑)
(↑京劇のイメージなんだろうな…)

そうそう、あれだけ踊って声が乱れないのはスゴイと思ったですよ。
やっぱライブだと実力がはっきり分かってよいね〜
来た甲斐があるってもんですわ♪
持ち歌以外にもフェイバリットとして、
JAY(周杰倫)「黑色幽默」やMichel Jackson(曲名ド忘れ…)を歌ってました。

JJの衣装替えの前後にはゲストに林宇中、金莎、阿杜が登場♪
金莎から女の子をナンパする上海話を教わるJJ(笑
阿杜とは「I Do…」をデュエット。

個人的には林宇中が嬉しかったなぁ〜(^^
ギターでJJとお互いの歌をリレーで歌い、
「いつか僕もこんな大きなコンサートがやりたい」と
繰り返し言っておりました。がんばれ〜

衣装変え&バックダンサー&花火も豊富、バックダンス、小芝居も
ふんだんに取り入れた港台テイスト満載の3時間でありました。
スポンサーがシンガポール観光局だった事もあり、
抽選で客席(内場)から4名をシンガポール旅行へご招待!なんて余興も…
カメラが入ってたので、そのうち番組かDVDになるんでしょうか。

日本からは前の方に歌迷が来ていたらしく、
JJが「アリガトウゴザイマス」と言ったり、
阿杜が「日本から?」と訊ねたりしてました。
私も横のコに「韓国人?」と訊かれ、外人だと一発でバレたようです。
しゃべれば一発でバレるので…orz

しっかし、周りは若いコが多かったな〜。
私の前後の席で「JJ〜!」「愛してる〜!」を繰り返し…
うっるさい!分かった!っつーの(- -;;

まったく若いパワーには敵いませんな〜って、
コメントがオバさんくさいですか? すんません、もうオバさんなんで…
[PR]
by wang_yue | 2007-10-15 17:54 | 演唱会 感想
今日のひとこと↓
「帰りの新幹線、あやうく乗り過ごすトコだった…orz」

はげしい雷雨のなか、陶喆のコンサートへ行ってきました。
上海での公演は2回目だそうで、会場は前回同様「虹口足球场」。
(隣席の上海ッコが教えてくれた)
前半は運良く止んでた雨も後半はどしゃ降り。
屋根付きの席で良かったよ…

内容は、途中に素人サン(?)参加コーナーがあったり、
(その素人サン、「沙滩」を「沙漠」と言い間違えた!(笑)
タオさんがルイ・アームストロングばりの低音を聴かせてくれたり。
大雨のなかの「找自己」(shalalala...天在下雨〜♪)は
雷光も良い演出になって(笑)大盛りあがり。
「愛很簡単」では“I Love You〜♪”の大合唱。

19:30からしっかり3時間、十分楽しんできました。
セットリストはないです(器用じゃないので…。ごめんにょ)。
b0045483_245787.jpg


アルバム『楽之路』の「今天没回家」がキッカケでハマった私。
まさか上海で生の「今天没回家」が聴けて、
しかも(この演唱会のために宿まで取って)
ホントに「今天没回家」
になるとは夢にも思いませんでした。

世の中何が起こるか分からんのぅ…
[PR]
by wang_yue | 2007-07-09 02:05 | 演唱会 感想
今日のひとこと↓
「今回の台湾はオマケがたくさん♪ ラッキーでした」



そういえば、行こうと思っていた先週日曜のTank。
結局、台中の張智成イベントで見られたのでやめときました(^^;

ちょっと気になっていた、台北巨蛋(台北アリーナ)で5、6日の2日間行われる
李宗盛〈ジョナサン・リー〉のコンサート。
年代售票サイトを確認すると、まだわずかに空席が…
ものは試しと、台北アリーナ見学ついでにインフォメーションを訪ねたワタシ。

拍子抜けするほどあっさりと、3階席左側の席(1600元)を確保!
b0045483_22352338.jpg

わーい♪ 噂のゲストも楽しみだ~(^^


昔、滾石唱片(ロックレコード)の勢いがよかった頃。
李宗盛が作詞作曲した歌はアチラコチラで聴こえていたっけ。
陳淑樺〈サラ・チェン〉の透き通る声とのデュエット「你走你的路」では
彼のがなり声に“なんでこの人が人気あるの?”(←失礼!)と思ったもんだ(^^;

しかし李宗盛は、林憶蓮〈サンディ・ラム〉の「夜太黒」や「勇敢」など
ワタシの大好きな曲をたくさん作っている人でもある。


そして、いよいよ開場。さすがに年齢層の幅が広いぞ!
座席にはリーフレット。2日間に演目(各日違う歌なのだ)、そしてゲストの名前が!

5日 周華健〈エミール・チョウ〉 張信哲〈ジェフ・チャン〉 梁静茹〈フィッシュ・リョン〉

げげっ!! 生エミールだっ! 生歌だっ!! うれしー!!


19時半の開演になっても座席は半分しか埋まらず…みんなのんびり入場。
20時にようやく開演。映像とともに女性の声が…そして…

張艾嘉〈シルビア・チャン〉が出てきた!
明日(6日)のゲストだと思ってたのでびっくり。

それからは当たり前ですが、李宗盛作品オンパレード。
シャイながらユーモアのある語り口で作品を紹介しながら歌う李宗盛。

エミールの生歌(3曲)にしびれ、静茹はかわいいし←緊張のあまり出だしを間違った(^^;
静茹が歌う陳淑樺のナンバーのバックに映る往年の陳淑樺の姿には涙し…(照
李宗盛が歌う「領悟」では、会場に見に来ていた
辛曉琪〈ウィニー・シン〉(「領悟」は彼女の代表作)がスクリーンに映し出され拍手。

感動的な2時間があっという間に過ぎていったのでした…
b0045483_2236594.jpg

「今日はサンディの曲が明日より少ないんだ。不公平だから」と言いながら
サンディの歌を1曲歌ってくれた李宗盛。
たしかに明日は「夜太黒」や「不必在乎我是誰」を歌うんだよな~。
[PR]
by wang_yue | 2006-05-06 02:41 | 演唱会 感想